格安スマホキャンペーン速報

MVNO各社のキャンペーン情報のまとめ等。新規やMNP(乗り換え)時の参考にぜひ☆

タグ:格安SIM

BICSIM、OCNモバイルONEに続いて『楽天ブロードバンドLTE』も契約してみました。
IMG_0211
楽天ブロードバンドLTEはサイトで申し込みしてから、まず封書にてAPN設定やパスワードが記載された手紙が届きます。
IMG_0205
んで、その2~3日後にSIMの入った宅配便が届くという流れになります。申込日からSIM到着日までは1週間。

OCNやIIJmioはSIMが届いてから個人情報やクレカ情報を登録するのですが、楽天LTEの場合は申し込み時点で登録するので、SIMが届いたら端末に挿してAPN設定をすればすぐにネット接続可能です。

SIM同梱のパッケージ内容はこんな感じ↓
IMG_0207
他のSIMでもそうでしたが、このdocomoのカードからSIMを取り外す時に留め具が硬いせいか、いつもちょっと手を痛めてしまいますw

ちなみに契約したプランは月額972円(税込)のエントリープラスプラン(マイクロSIM)。
特徴としては、

・月1GBまでは高速LTE回線が使えて、使いきったら最大300kbpsに制限(3日400MB制限も有り)。
・最大300kbps制限後に2GB以上使ったら、さらなる制限の可能性あり。
・高速容量の翌月繰越は不可
・下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbps


な感じです。

契約した時は最大300kbps制限後に2GB使ったらまた制限、という点を見逃していたのかな?
2chのスレでも改悪とか騒がれていますので、最近追加された仕様なのかもしれません。

月額900円(税込)のエントリープランは高速回線は月300MBしかないんですが、最大300kbps制限後も5GBまでは追加制限されないようですので、低速がある程度出るならばエントリープランの方が使い勝手が良いかもしれませんねぇ。

私が契約した時は3,000円の初期費用無料キャンペーンをやっていたのですが現在は行っていない模様。

それでは、楽天ブロードバンドLTEの実際の通信速度を計測してみますと、

【LTE回線モード】
下り:3.28Mbps
上り:2.44Mbps

Screenshot_2014-05-19-17-20-26
(測定場所:東京中野区ビル3F室内  測定時間:17時20分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE  測定アプリ:RBB TODAY)

といった結果となりました。

いつも使っているOoklaのスピードテストアプリがアップロード中に固まってしまう現象が起きてしまったのでRBBTODAYのスピードアプリで測定。

時間帯を考えると下りの速度がもうちょっと出て欲しいですが、そこそこの速度は出ていますね。上りは2.44Mbpsと早い!!

お昼時の混雑時間にでもまた速度測定してみたいと思います。

さて、本日のBICSIMの3G回線でのスピードテスト結果になります。

BICSIMの5月19日(月)のスピードテスト結果
【クーポンON】
下り:0.50Mbps
上り:0.37Mbps

Screenshot_2014-05-19-12-41-50
【クーポンOFF】
下り:0.11Mbps
上り:0.27Mbps

Screenshot_2014-05-19-12-36-37
(測定場所:東京23区内マンション1F室内  測定時間:12時36分&41分 測定機種:SO-03D【3G回線】 測定アプリ:Ookla Speedtest

といった結果になりました。

う~ん、やっぱり平日の最混雑時間帯は厳しいですねぇ。
クーポンONならなんとか運用出来るといった感じでしょうか。

朝の通勤時間帯とお昼休みの時間帯はクーポンONでそれ以外はクーポンOFFってのがBICSIM(IIJmio)の一番ストレスのない運用方法なのかもしれませんね。

NHKラジオの公式アプリ『らじる★らじる』。
rajiru
今日は自分の住んでいる中野区から東大和市まで移動する用事があったので、その間らじるらじるでNHKFMをずっと聴いていました。

基本的に移動中は大体ラジオを聴いています(今日聴いていたのはアニソンアカデミーとラジオマンジャック♪)。

これまではイーモバのSIMをSO-03Dに入れてらじる★らじるを聴いていたんですが、今日はBICSIMの回線で試してみました!!

クーポンONの高速回線ならばストレスなく聴けるのは当たり前だと思うので、クーポンOFFの最大200kbps制限状態でチャレンジ。

結果としては、

『BICSIM(IIJmio)のクーポンOFF回線でほぼ問題なく、らじる★らじるを聴くことが可能』

でした。

ほぼっていうのは、最初の15分くらいまでたまにノイズというか途切れがちになったのと、帰り際にスーパーによったら一時的に途切れ気味になったから。

スーパーの時は同時にYahooMailとか開いていたので回線を圧迫したのかもしれませんが・・・。

イーモバの時は全く途切れることはなかったので、やはりクーポンOFFの200kbps制限の中では完璧な通信環境は望まない方が良いでしょうね。

ですが↑で『ほぼ問題なく』と書いたように基本的にはストレスなく、らじる★らじるでNHKFMを楽しめました。

次はradikoでもクーポンOFFの状態で試してみたいですね。

BICSIMに続き、OCNモバイルONEのスピードテスト結果も計測していきます。
こちらはNexus7での測定なのでLTE回線となります。

OCNモバイルONEの5月17日のスピードテスト結果
【LTE(Xi)回線】
下り:4.20Mbps
上り:1.73Mbps

Screenshot_2014-05-17-12-38-42
(測定場所:東京23区内マンション1F室内  測定時間:12時38分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE)

自分の住んでいるマンションはそんなに電波が良い方ではないのですが、まずまずの速度が出ていますね。
休日ならば特に混雑しすぎる時間帯もなく安定して使えそうです。

BIC SIMに引き続きOCNモバイルONEも契約したのでコチラもレビューを。
IMG_0201
MVNO業者の中ではこのOCNモバイルONEとIIJmioが特に人気があるようですね。

OCNの方は電子書籍用に購入したNexus7のLTEモデルで使用していく予定。
IMG_0195
このNexus7のLTEモデルが発売されたことによって格安SIMに興味を持った人も多いはず。
ちなみにNexus7はマイクロSIMに対応。

OCNモバイルONEは先週の金曜日にAmazon経由でパッケージを注文し、翌週月曜日届きました。
本来は初期費用が税込3,240円の設定なのですが、Amazonで注文すると税込1,734円で買えたので大分お得な感じがしましたね。

届いたパッケージの内容はシンプル。
IMG_0202
カードの裏に電話番号、SIMの裏に製造番号が記載されています。
それをOCNの利用申し込みページで打ち込み個人情報やクレカ情報などを登録して祝開通となります。

OCNモバイルONEには5つのコースがありますが私が選んだのは一番安い50MB/日のコース。

月のトータルで1GBや2GBという使い方ではなく、1日50MBまでは高速LTE回線が使えちゃいます!!という内容です。

ちょっと前までは1日30MBだったようですが、今年の4月に50MBに容量アップ
これで月額972円(税込)はコストパフォーマンス的に優秀ですね~。人気があるのも頷けます。

1日の利用が50MBを超えた時は最大200kbpsに制限、翌日またリセットという形です。

さて、無事に回線開通しましたのでどのくらい速度が出ているのかスピードテストしてみますと、

下り:10.21Mbps
上り:1.76Mbps

Screenshot_2014-05-16-15-28-58
(測定場所:東京23区内 ビル3F室内 測定時間:15時28分 測定機種:Nexus7 LTEモデル)

といった結果となりました。
割合空いている時間帯なのかもしれませんが、下りが10Mbps超えと合格点の速度と言えるでしょう。

nexus7の性能も相まってか非常にサクサクとしたブラウジングが可能な印象。

今後は様々な状況下でのスピードテストを試したいですね。混雑時とか200kbps制限時とか。

また、OCNモバイルONEは5/31までの期間限定で3,000円のキャッシュバックキャンペーンを実地しているようですね。

残念ながら50MB/日のプランでは駄目で、80MB/日・2GB/月・7GB/月の3コース限定となりますが、初期費用分が丸々お得になるキャンペーンなのでコースが合う人にはお得かと。

↑このページのトップヘ