格安SIMカード(MVNO)キャンペーン通信

MVNO各社が提供する格安SIMカードの情報BLOG。お得な料金プランや割引キャンペーン&キャッシュバック(CB)特典、格安スマホ端末の特別セール情報等を日々発信していきます☆新規やMNP(乗り換え)契約時の参考にぜひ♪ 回線のスピードテスト結果も。

カテゴリ: DTI ServersMan SIM LTE

さて、本日もDTI ServersMan SIM LTEのLTEと3G回線の実効速度を測定してみました。

DTI ServersMan SIM LTE 6月6日(金)夕方のスピードテスト結果
【LTE回線 17時31分に測定】
下り:0.02Mbps
上り:3.91Mbps

Screenshot_2014-06-06-17-31-32 dti lte
【3G回線 17時25分に測定】
下り:0.08Mbps
上り:0.38Mbps
Screenshot_2014-06-06-17-25-21 dti 3g
(測定場所:東京都中野区 測定時間:17時25分&31分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE&F-11D 測定アプリ:RBBTODAY 日付:2014/6/6

といった結果になりました。

3Gの方は平常運転といった感じですね。
ですがLTE回線の下りはちょっと厳しい数値となっています。下り0.02Mbps 上り3.91Mbps

下り0.02Mbpsってことは20kbpsですからねっぇ、IIJmioの二段階規制後の速度と似たようなレベル。相変わらず上りが異様に早いのが特徴的です。

昨日は夕方の時間帯でのテストでしたが、本日は深夜と昼休みの時間帯に通信速度の測定をしてみました。

DTI ServersMan SIM LTE 5月28日(水)深夜のスピードテスト結果
【LTE回線 2時12分に測定】
下り:0.05Mbps
上り:1.26Mbps

Screenshot_2014-05-28-02-12-33
【3G回線 2時3分に測定】
下り:0.06Mbps
上り:0.39Mbps
Screenshot_2014-05-28-02-03-57
(測定場所:東京都中野区 測定時間:2時3分&12分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE&F-11D 測定アプリ:RBBTODAY 日付:2014/5/28

DTI ServersMan SIM LTE 5月28日(水)昼休みのスピードテスト結果
【LTE回線 12時30分に測定】
下り:0.05Mbps
上り:0.19Mbps
Screenshot_2014-05-28-12-31-00
【3G回線 12時40分に測定】
下り:0.03Mbps
上り:0.37Mbps

Screenshot_2014-05-28-12-40-50
(測定場所:東京都中野区 測定時間:12時30分&40分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE&F-11D 測定アプリ:RBBTODAY 日付:2014/5/28

といった数値になりました。

深夜の時間帯は回線も空いているはずなので、もうちょっと速度が出るかと思いましたが昨日の夕方とあまり変わりませんでした。下りはLTEも3Gも50kbps前後。上りは相変わらず妙に早いですねぇ。

最も混雑していると言われている昼休みの時間帯ですが、LTEはまた50kbps出ていました。もう50kbps制限でもされているのか!?(笑)てな感じですが、最混雑時でも他の時間帯と同じ速度というのはある意味安定しているのかもしれません。3Gは30kbpsとカツカツでしたが。

昼休みの時間帯はネット接続すらままならないかもしれないという危惧があったのですが、割りと平常運転でしたね。速度は遅いですが低速の底堅さという意味では優れているのかも。

ワンコインSIMでお馴染みのDTI ServersMan SIM LTEを契約しましたので、そのレビューを。
IMG_0235
契約の流れとしてはDTI ServersManの公式サイトで新規申し込みをし、3~4日程度でSIMが同梱されたパッケージが封書で届きます。

パッケージの内容はこんな感じ。
IMG_0233
ServersMan SIM LTEのパンフレット的なものとAndroid用のAPN設定方法説明書、SIMカードが同梱されていました。あと2014年4月からの料金変更内容の紙が一枚。
IMG_0237
今年の4月にMVNO各社が一斉にサービス向上を発表をしましたが、DTIも最大150kbpsから最大250kbpsへと速度を向上させていますね。

DTI ServersMan SIM LTEのサービスはとってもシンプルです。

月額504円(税込)で最大250kbpsの回線が使い放題というモノ。
(公式では速度制限ナシとのことなんですが、ネット上の評判を見てみると帯域制限らしき現象の報告もあるようですね。1日50MBが限度等の情報もありますが、この辺の真偽は不明)

基本は低速オンリーなのですが、高速通信をしたい場合は『速度切り替えサービス』を利用して高速回線容量を追加購入する形になります。料金は、

●100MB:250円 ●500MB:1,250円  ●1GB:2,500円

といった価格設定。

また、SMS機能が154円(税込)、050ナンバーのIP電話機能が324円(税込)で追加可能です。

月額504円(税込)ってのは数あるMVNO業者の中でも最安値のポジション
DTIは昔からワンコインに拘り続けていますよねぇ。

『とにかく安いSIMが欲しい!!』という人にとってはありがたいサービスかと。

さて、DTI ServersMan SIM LTEの実効速度を測定してみましたのでその結果を。
DTI ServersMan SIM LTE 5月27日(火)のスピードテスト結果
【LTE回線 16時29分に測定】
下り:0.05Mbps
上り:2.20Mbps
Screenshot_2014-05-27-16-29-04
【3G回線 16時38分に測定】
下り:0.10Mbps
上り:0.39Mbps
Screenshot_2014-05-27-16-38-05

(測定場所:東京都中野区 測定時間:16時29分&38分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE&F-11D 測定アプリ:RBBTODAY 日付:2014/5/27

といった結果となりました。

LTE機と3G機の両方で測定。ですが、通信状態が悪かったのが速度はあまり出ていませんでしたねぇ(汗)

平日の16時台でLTE回線が下り0.05Mbps 上り2.20Mbps。下りが0.05Mbpsってことは50kbpsですからね。これはちょっと速度的には厳しい・・・。Google Playを開いてみましたが画像がなかなか表示されず、ストレスを感じるレベルでした。でも上りが2.20Mbpsってのはこれは何最大250kbps制限じゃないの?(笑)って感じなんですが、この辺は今後も何度か測定してみて確かめてみるしかありませんね。

3G回線の方は下りが0.10Mbps 上り0.39Mbps。こちらは上りの数値は正常値っぽいですがやっぱり下りはこの時間帯ならばもうちょっと速度が欲しいトコロです。

月額504円(税込)という他の追随を許さない低価格は魅力的ですが、ファーストインプレッションとしてはちょっと速度不足・・・という印象。他の時間帯でのスピードテストも今後行っていきますね。

↑このページのトップヘ