格安SIMカード(MVNO)キャンペーン通信

MVNO各社が提供する格安SIMカードの情報BLOG。お得な料金プランや割引キャンペーン&キャッシュバック(CB)特典、格安スマホ端末の特別セール情報等を日々発信していきます☆新規やMNP(乗り換え)契約時の参考にぜひ♪ 回線のスピードテスト結果も。

2017年01月

本日1月26日からUQモバイルがUQ学割という名の学割キャンペーンをスタートさせています☆先日ワイモバイルも同等のキャンペーンを開始していますが、UQモバイルも追随してきた形になりましたね。
img01
UQモバイルの学割キャンペーンの内容ですが、

●14ヶ月目から1年間、月額基本料金を1,000円割引!!

というモノ。14ヶ月目からというのは13ヶ月目まではイチキュッパ割とスマトク割が適用されるため。それにプラスしてUQ学割だと追加で1年間1,000円割引されるということです。複数のキャンペーンが絡んでいるので何やら複雑ですが、無料通話&端末アシスト代金込みの通常基本料金3,980円のぴったりプランが2年間は月額1,980円(税抜)から運用可能、通常契約よりも12,000円お得になる!!ってことですね。

UQモバイルは2月22日に 料金プラン体系の変更があるようで、現在の『ぴったりプラン』と『たっぷりプラン』から5分間かけ放題の『おしゃべりプラン』と無料通話付きの『ぴったりプラン』へと変更になります。データ量も7GBのLプランが追加され(最初の2年間は最大14GB)、3タイプのデータ量から選べるようになったので、選択の幅が広がったような感じですね。(契約した時期によって異なるようですが、基本的にはおしゃべりプランに移行になる模様)

UQ学割のキャンペーン期間ですが、本日から2017年5月31日まで。ワイモバイルも同様の期間ですので、両社とも新生活需要の取り込みに最注力する時期ということなのでしょう。

また、2月1日から『UQあんしんサポート』と『子供用セキュリティ Flili』のオプション料金が最大3ヶ月無料になるスマホデビュー応援キャンペーンも開催予定とのこと。こちらもキャンペーン期間は2017年5月31日までとなっています。

UQモバイルとワイモバイルとで悩む人も多いかもしれませんが、基本サービス等はほぼ同等という印象ですので、使いたい機種が判断基準になってくるでしょうか。 UQモバイルはP9liteプレミアムやZenFone3 Deluxeといった他の業者ではなかなか取り扱っていない機種がある点が特徴かと。

先日はニフモとOCNモバイルONEが料金据え置きでデータ容量UPを発表していましたし、今年の新生活需要関連の訴求で、MVNOのサービス水準がさらにUPしそうですね♪

本日1月20日からmineo(マイネオ)が音声SIMの割引キャンペーン&ギフト券の額面が倍増した紹介キャンペーンをスタートさせています♪
 002
前回の割引キャンペーンは10月一杯で終了してしまっていたので、mineoの割引キャンペーンは久々といった印象。今回の企画内容ですが、

●デュアルタイプ(音声SIM)の新規契約で月額800円×3ヶ月間の割引!!

というmineoお得意のパターン。前回は6ヶ月だったのでややトーンダウンしましたが、やはり割引企画は魅力的♪ 今回のキャンペーン期限は2017年5月9日まで、とかなり長めの開催期間となります。『新生活応援!』と銘打っているだけあって、新生活需要の取り込みを狙っているのでしょう。

2月1日からマルチキャリアに対応した新端末『ZenFone3無印』『ZenFone3 Laser』『HUAWEI MediaPad T2 8Pro』の3機種が追加されますし、3月1日からは『5分かけ放題サービス』も提供されるので、ますます使い勝手は良くなるかと。mineoは端末をマルチキャリア対応させているので、その調整のためか他MVNOよりも端末ラインナップが弱い面がありましたが、今回のZenFone3シリーズの追加で大分カバーされた印象ですね。

また、割引キャンペーンと同時に紹介キャンペーンの条件UPも行われています。これまでは1,000円分のAmazonギフト券だったのが本日からは2,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!!と金額が倍増されていますね☆コチラのキャンペーン期間も2017年5月9日までとなっています。

昨日のmineoの発表会でも言われていましたが、mineoの契約数が50万を突破!!したとのこと。MVNOとしては比較的後発の印象でしたが、すでに事業者シェアでも4位『新しいフツー』というキャッチフレーズの新CMも放映されるようですが、今の時代初めて持つスマホがいきなりMVNOというケースも珍しくはないのでしょうねぇ。

キャリアに比べるとサポート体制ではどうしても劣ってしまうと思いますが、mineoでも訪問サポート渋谷にリアル店舗の設置等、サポート体制の拡充は重視されている模様。MVNOの価格帯でどれだけキャリアのサービス水準に近づけるか、今後も注目ですね☆ 

2017年1月14日に発売開始された大容量バッテリーが特徴のZenFone3 MAX。 今後取り扱いMVNOも増えてくると思いますが、ZenFone3 MAX関連のキャンペーンを現在開催中のMVNO業者を紹介していきます☆
950x300_discount_2000_zenfone3max
ZenFone3 MAXの定価は19,800円(税抜)と、無印のほぼ半額ですね。4,100mAhの大容量バッテリーがが最大のウリのようです。無印のバッテリー容量が2,650mAhなので約1.5倍。サイズは5.2インチと同様なのでバッテリー容量1.5倍で重量が160gに抑えられている点は良いですね。廉価版だけあってメモリ2GB、CPUはMediaTek MT6737M、液晶はHD画質とこの辺は値段なりかと。

ですが本体はメタルボディで指紋認証あり、モバイルバッテリーとしての利用も可能なリバースチャージ機能を搭載している点は廉価版と言ってもZenFoneシリーズの拘りを感じますね♪あと1万円出せばLasterに手が届くので悩む人も多そうですが、MAXも結構な人気機種になる予感がします。

さて、ZenFone3 MAXの取り扱いMVNOですが、調べた限りでは楽天モバイルとDMMモバイル、BIGLOBEスマホ、goo Simseller(※追加)が現時点で取り扱いを開始しています。その中でキャンペーンを実地しているのは楽天とBIGLOBEの2社。それぞれキャンペーン内容をみてみますと、

●楽天モバイル
キャンペーン内容:本体価格を7,000円割引の12,800円(税抜)で購入可能
条件:SIMとのセット契約。7,000円割引は音声SIM契約時のみ、データSIM契約の場合は2,100円割引。(※最低利用期間あり)
期間2017年3月10日(水)9時59分まで


●BIGLOBEスマホ
キャンペーン内容:クーポン利用で毎月500円×6ヶ月の合計3,000円割引
条件:新規で音声SIMのライトSプランか12ギガプラン契約。(※最低利用期間
12ヶ月&契約解除手数料8,000円、6ヶ月×1,000円割引キャンペーンと併用可)

期間2017年4月2日(日)まで


というモノ。BIGLOBEスマホの方が割引額的には大きいですが、音声SIM契約のみでプランも限定されている点は注意が必要ですね。 逆に楽天モバイルでは最小プランでもデータプランでもキャンペーンが適用される点が特徴。元々端末価格が抑えられているので割引額もインパクトがあるものではありませんが、一括2万円で入手できる最新端末としては注目の機種ではないでしょうか♪

老舗プロバイダとして有名なニフティが提供しているドコモ系のMVNO『NifMo(ニフモ)』。他社ではなかなか実地していない現金キャッシュバックキャンペーンNifMoバリュープログラム等の特典内容について紹介していきます。NifMoは昨年11月でサービス開始から2周年、オリコンの顧客満足度ランキングでも高評価のようですね♪

>> CB特典付き☆NifMo公式サイトへ

oricon2016
~NifMoで現在開催中のキャンペーン内容~
●SIMカード単体の申し込みで最大15,000円のキャッシュバック&月額基本料が最大3ヶ月無料に、端末セットの申し込みで最大20,000円のキャッシュバック特典のおトクにスタートキャンペーン開催中!!2017年5月31日まで
(※当ブログのリンク先ページから3・7・13GBプランの申し込み時)
●2ヶ月連続で1GB分のデータ量プレゼントキャンペーン中!!※2017年3月1日、4月1日時点
3万円分の旅行券等が抽選で15名に当たる『ホニャララ家手当プレゼントキャンペーン』中です☆2017年4月30日まで
●川崎フロンターレが勝利すると月額料金が割引になるウイングキャンペーン2017が開催中です♪
●家族のNifMo契約時に手持ちの端末を譲ると5,000円分の割引特典がもらえる『おさがりスマホキャンペーン』開催中♪2017年4月30日まで

他のMVNOではなかなか実地していない現金キャッシュバック特典が特徴的ですね♪SIM単体契約でも最大15,000円のCB(13GBプラン契約時)は魅力的かと。(※CBの振込時期は機器到着月から数えて9ヶ月目、6ヶ月以内に解約や低容量プランへ変更した場合は対象外となるのでご注意を)

~CB対象の端末ラインナップ~
●(新)ZenFone3 Max 一括:26,667円(税抜) 24回分割:1,112円/月
●HUAWEI nova無印 一括:33,334円(税抜) 24回分割:1,389円/月
●HUAWEI nova lite 一括:18,889円(税抜) 12回分割:1,575円/月
●ZenFone3 Laser 一括:26,667円(税抜) 24回分割:1,112円/月
●ZenFone3 一括:37,778円(税抜) 24回分割:1,575円/月
●arrows M03 一括:35,556円(税抜) 24回分割:1,482円/月


2017年4月現在、上記の6機種がCB特典対象の端末となります。新機種のZenFone3 Laserが早くも対象になっている点は嬉しいですね。ZenFone3 Laserを通話SIMの3GBプランで契約すると10,000円のCBとなるので実質16,667円(税抜)、10GBプランだと20,000円のCBとなるので実質6,667円(税抜)にて人気のスマホ端末が入手出来ることになります☆

また機器セット割対象の端末だと最大24ヶ月間、月額200円(税抜)割引となります。総額4,800円の割引となるのでこれまた地味に嬉しい特典かと♪

~月額料金について~
【データSIM】 ※料金は税抜
1.1GB:640円/月 3GB:900円/月 7GB:1,600円/月 13GB:2,800円/月
【データSIM(SMS対応)】
1.1GB:790円/月 3GB:1,050円/月 7GB:1,750円/月 13GB:2,950円/月
【音声通話SIM】
1.1GB:1,140円/月 3GB:1,600円/月 7GB:2,300円/月 13GB:3,500円/月

2017年2月1日から料金据え置きで5GB→7GBプランに、10GB→13GBプランに!!

SIM単体契約の場合は上記の料金、端末セット契約の場合は上記の料金に端末価格を加えたもの(分割の場合)が月々のランニングコストとなります。端末価格を考慮しても通話SIM契約で月々2,000円台からの運用が可能になるので、やはりキャリアと比べるとコストパフォーマンス的には相当優秀

また、NifMoは利用開始月の料金が0円!!というのも嬉しいポイントですね♪

~オプションや特典プログラム等について~ 
NifMoには電話かけ放題オプションや端末保証オプション、訪問設定オプション、ファミリーシェアプログラム等があり、MVNOの中でも手厚いサポートを行っている印象。また、NifMoの利用者全員が受けられるユニークな特典プログラムがあります。それが、

●NifMoバリュープログラム
img-app_02
この特典はNifMoが提携しているショッピングサイトでの買い物や飲食店でのアンケート、おすすめのアプリをダウンロードするだけで月々の利用料金が割引かれるというユニークなシステム。
提携ショッピングサイトはYahoo!ショッピングをはじめ、高島屋オンラインやZOZOTOWNなどメジャーどころの人気ショップが揃っているので利用し易いかと思います。また、飲食店のアンケートは還元率が高いので、上手く利用すれば月々の料金を実質0円にすることも可能でしょう♪

その他の特典プログラムとしては、通常有料のWi-Fiスポットがアプリ経由だと無料で使えちゃう『My NifMo』も魅力的ですね。BBモバイルポイントが利用可能なのは高評価

また、NifMoは昨年の11月から『バースト転送機能』を実装しています!!バースト転送とは速度制限時でも通信スタート時のみ高速通信を行うことで通信が快適に行える、というユーザーにとっては非常に優しい機能。OCNやIIJではすでに実装されていたのですが、NifMoでも実装されたのは大きいかと。

キャッシュバック特典の額も大きいですし、月々の利用料金を節約可能なバリュープログラムの存在、バースト転送機能による通信面の改善などなど、数あるMVNOの中でもNifMoは高いレベルでバランスの取れている印象ですね☆(※キャッシュバック特典は下記のリンク先ページからの申込時限定となります)

>> CB特典付き☆NifMo公式サイトへ

先月16日に発売されたHUAWEIのMate9。価格コムのスマートフォン人気ランキングでも現時点で堂々の1位と売れまくっている様子ですねぇ。
 950x300_discount_10000_mate9
5.9インチと大型なのでそこまで注目はしていなかったのですが、売れていますね、Mate9。スペック的には4,000mAhの大容量バッテリー、DSDS対応、カメラがライカのWレンズ辺りが評価されている感じでしょうか。Nexus6やiPhone Plusも結構売れたようですので、もう市場的には6インチサイズは充分に選択肢に入ってくるサイズなのかもしれません。先代のMate8は日本未発売だったのでMate7ユーザーの乗り換え需要もありそうです。

 さて、Mate9を取り扱っているMVNO業者ですが、調べた限りでは『楽天モバイル』『DMMモバイル』『イオンモバイル』『エキサイトモバイル』で取扱いがありますね。この中でMate9関連のキャンペーンを開催しているのはイオンモバイルを除く3社

ですが残念なことに現在在庫があるのは楽天モバイルのみとなっているようです。。DMMモバイルの11,000円割引&3,000円分のポイント進呈キャンペーンが良さげなのですが、残念ながら2色とも完売中。キャンペーンの期限は2017年1月16日までなので、それまでに在庫が補充されれば良いのですが微妙な所です。エキサイトモバイルも同様に完売中。

楽天モバイルはHUAWEIの端末を長年扱っていて在庫確保力が強いのか、現時点でも2色とも選択可能なので在庫があるようです。楽天モバイルのMate9キャンペーンの内容ですが、

●通話SIM契約で端末価格10,000円割引、データSIMなら5,000円割引!!

というモノ。データSIMなら半額になってしまうのは残念ですが、まだ発売から1ヶ月経っていない新機種が5,000~10,000円割引というのはなかなかの条件かと。キャンペーン期限は2017年1月13日までとなっていますが、無くなり次第終了とのこと。発送のタイミングが気になりますが、現時点でMVNO経由でMate9に割引キャンペーン適用で申し込めるのは楽天モバイルのみかと思いますので、検討中の方はお見逃しなく。


↑このページのトップヘ