格安SIMカード(MVNO)キャンペーン通信

MVNO各社が提供する格安SIMカードの情報BLOG。お得な料金プランや割引キャンペーン&キャッシュバック(CB)特典、格安スマホ端末の特別セール情報等を日々発信していきます☆新規やMNP(乗り換え)契約時の参考にぜひ♪ 回線のスピードテスト結果も。

2014年05月

利用初月は月額料金が無料で利用できるMVNO業者をまとめてみました。
free

初月無料のトコって結構多いんですよね。

サービス開始日の定義が業者によってまちまちなので、そこら辺の情報も記載してあります。サービス開始日を月の初めの方にもっていくように調整すると無料期間が長くなりますのでお得ですね。

OCNモバイルONE
申込日の10日後がサービス開始日(通販でも店頭購入でも同じ)。OCN加入者は申込日の10日後か実際に利用し始めた日のうち早い方が開始日になります。

U-mobile d
SIMカードの到着日がサービス開始日

@nifty do LTE
SIMカードの到着日がサービス開始日(※2年縛り)

ASAHIネット LTE
データ通信を開始した日 or 出荷日から5日後の早い方が開始日

pointy-ポインティSIM-
データ通信の開通日が開始日(利用を始めた日)

BIGLOBE LTE/3G
お客さまのSIMカード(UIMカード)の受け取りをBIGLOBEが確認した日が開始日

ぷららモバイルLTE
お客さまのSIMカードの受け取り月がご利用開始月

So-net モバイルLTE
お申し込みいただいた機器またはSIMカードをお受け取りになった日がサービス開始日

hi-ho LTE
SIMカード着荷予定日がご利用コースの課金起算日

Smart G-SIM(ゲオ)
利用登録をした日が開始日。(アクティベーション時)

tikitiki モバイルLTE
サービス開始日はSIMの到着日(到着したと当社が判断した日)

@モバイルくん 
利用開始日がサービス開始日

InfoSphere(NTT西日本)
開通日を含む利用開始月の月額基本料は無料となります

Wonderlink LTE(パナソニック)
契約開始は(ご注文日でなく)利用登録が完了した時点(実際に回線を利用いただけるタイミング)

以上の計14業者が現在のところ確認できている利用初月は月額料金が無料のサービスです。

上記以外の業者は大体日割り計算のところが多いですね。
到着日や利用し始める日が1日違うだけで、丸々一ヶ月分の料金が違ってきたりしますのでこの辺は賢く使いたいトコロです。

日本通信の『b-mobile Xsim』を新たに契約しましたので其のレビューを。かれこれこの日本通信で5社目の格安SIMとなりますね。あとBIGLOBEを来月頭に契約する予定。
IMG_0241
日本通信はMVNO業者の中でもパイオニアという印象。ここ1~2年で一気にMVNO業者が急増しましたが、その中で人気の業者に真っ向から挑んだ格安SIMサービスがこの『b-mobile Xsim』とのこと。
IMG_0244
楽天市場の上海問屋のセールで通常パッケージ料金3,240円(税込)のところ、999円(税込)で入手に成功しました!!上海問屋やドスパラで定期的にセールをやっているみたいですね。ドスパラで500円で売っていたタイミングもあるようですが、それは見逃しました・・・。

今回おまけでSIMアダプターで付いてきたのは地味に嬉しかったです。
IMG_0246
上海問屋でXsimのパッケージを注文してから2日後にゆうメールにて到着。

パッケージが到着したらb-mobileの公式サイトから利用開始手続きを行います。
SIMが貼られたカードの裏に記載されてある電話番号等を入力してアクティベーションし、住所やクレジットカード情報等を入力すれば利用手続きは完了。

あとはb-mobile側の開通処理を待つことになります。
SIMカードの開通処理にかかる時間は10:00~20:00ならば1時間以内、20:00移行ならば翌日午前11:00までに開通と公式サイトには記載されていますね。

私の利用手続きが完了したのは17:01でしたが、開通手続き完了のお知らせが17:03に来ましたので1時間以内ってのはかなり多めに見積もってって感じでしょう。

開通手続きが完了したら端末にSIMを入れてAPN設定を行えば無事ネットに接続可能となります。
パッケージ内のパンフレットにAPN設定方法が書かれています。
IMG_0245
利用開始手続きの際に利用するプランも選ぶのですが、私が選んだのは『プランN』。
月額972円(税込)1日51MBまで高速通信が可能、51MBを使いきった後は200kbpsに制限されるというプランですね。

わかる人はわかると思いますが、これはOCNモバイルONEをめっちゃ意識したプラン。
プラン名に「N」の文字が掲げられていることからも明白ですよね(笑)

この他のプランは『プランI』と『プランB』があるんですが、こちらはIIJmioとBIGLOBEを意識したプランでしょう。IIJmioの高速通信1GB/月に対して、プランIは高速通信1.01GB/月。BIGLOBEの高速通信2GB/月に対してプランBは高速通信2.2GB/月、と少しだけ高速通信量を上乗せしたプランとなっています。

この辺の細かなプラン設定がMVNO市場の競争の激しさを物語ってますねぇ。

さて、定例の実効速度測定をb-mobile Xsim でも行ってみました。

b-mobile Xsim プランN 5月29日(木)のスピードテスト結果
【LTE回線 17時10分に測定】
下り:6.44Mbps
上り:2.32Mbps
Screenshot_2014-05-29-17-11-00
【3G回線 17時18分に測定】
下り:0.42Mbps
上り:0.41Mbps
Screenshot_2014-05-29-17-18-49

(測定場所:東京都中野区 測定時間:17時10分&18分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE&F-11D 測定アプリ:RBBTODAY 日付:2014/5/29

といった結果となりました。

LTE回線と3G回線とではかなり速度差のある結果となりましたねぇ。
LTEの方は下り6.44Mbps 上り2.32Mbpsと申し分のないスピード!!

それに対して3G回線は下り0.42 上り0.41Mbpsとちょっと厳しい数値です。。

b-mobileはNexus4とかの3G専用端末とSIMを抱き合わせて販売する戦略とっているから、もしかしたら3G回線が極端に圧迫されているんじゃないかな?と推測していますがどうなんでしょ。また他の時間帯でも検証してみる予定です。

上でも書きましたが、b-mobileは定期的にパッケージの安売りセールをやっているようなのでキャンペーン情報を入手したら当ブログでもお知らせしたいと思います。

昨日は夕方の時間帯でのテストでしたが、本日は深夜と昼休みの時間帯に通信速度の測定をしてみました。

DTI ServersMan SIM LTE 5月28日(水)深夜のスピードテスト結果
【LTE回線 2時12分に測定】
下り:0.05Mbps
上り:1.26Mbps

Screenshot_2014-05-28-02-12-33
【3G回線 2時3分に測定】
下り:0.06Mbps
上り:0.39Mbps
Screenshot_2014-05-28-02-03-57
(測定場所:東京都中野区 測定時間:2時3分&12分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE&F-11D 測定アプリ:RBBTODAY 日付:2014/5/28

DTI ServersMan SIM LTE 5月28日(水)昼休みのスピードテスト結果
【LTE回線 12時30分に測定】
下り:0.05Mbps
上り:0.19Mbps
Screenshot_2014-05-28-12-31-00
【3G回線 12時40分に測定】
下り:0.03Mbps
上り:0.37Mbps

Screenshot_2014-05-28-12-40-50
(測定場所:東京都中野区 測定時間:12時30分&40分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE&F-11D 測定アプリ:RBBTODAY 日付:2014/5/28

といった数値になりました。

深夜の時間帯は回線も空いているはずなので、もうちょっと速度が出るかと思いましたが昨日の夕方とあまり変わりませんでした。下りはLTEも3Gも50kbps前後。上りは相変わらず妙に早いですねぇ。

最も混雑していると言われている昼休みの時間帯ですが、LTEはまた50kbps出ていました。もう50kbps制限でもされているのか!?(笑)てな感じですが、最混雑時でも他の時間帯と同じ速度というのはある意味安定しているのかもしれません。3Gは30kbpsとカツカツでしたが。

昼休みの時間帯はネット接続すらままならないかもしれないという危惧があったのですが、割りと平常運転でしたね。速度は遅いですが低速の底堅さという意味では優れているのかも。

ワンコインSIMでお馴染みのDTI ServersMan SIM LTEを契約しましたので、そのレビューを。
IMG_0235
契約の流れとしてはDTI ServersManの公式サイトで新規申し込みをし、3~4日程度でSIMが同梱されたパッケージが封書で届きます。

パッケージの内容はこんな感じ。
IMG_0233
ServersMan SIM LTEのパンフレット的なものとAndroid用のAPN設定方法説明書、SIMカードが同梱されていました。あと2014年4月からの料金変更内容の紙が一枚。
IMG_0237
今年の4月にMVNO各社が一斉にサービス向上を発表をしましたが、DTIも最大150kbpsから最大250kbpsへと速度を向上させていますね。

DTI ServersMan SIM LTEのサービスはとってもシンプルです。

月額504円(税込)で最大250kbpsの回線が使い放題というモノ。
(公式では速度制限ナシとのことなんですが、ネット上の評判を見てみると帯域制限らしき現象の報告もあるようですね。1日50MBが限度等の情報もありますが、この辺の真偽は不明)

基本は低速オンリーなのですが、高速通信をしたい場合は『速度切り替えサービス』を利用して高速回線容量を追加購入する形になります。料金は、

●100MB:250円 ●500MB:1,250円  ●1GB:2,500円

といった価格設定。

また、SMS機能が154円(税込)、050ナンバーのIP電話機能が324円(税込)で追加可能です。

月額504円(税込)ってのは数あるMVNO業者の中でも最安値のポジション
DTIは昔からワンコインに拘り続けていますよねぇ。

『とにかく安いSIMが欲しい!!』という人にとってはありがたいサービスかと。

さて、DTI ServersMan SIM LTEの実効速度を測定してみましたのでその結果を。
DTI ServersMan SIM LTE 5月27日(火)のスピードテスト結果
【LTE回線 16時29分に測定】
下り:0.05Mbps
上り:2.20Mbps
Screenshot_2014-05-27-16-29-04
【3G回線 16時38分に測定】
下り:0.10Mbps
上り:0.39Mbps
Screenshot_2014-05-27-16-38-05

(測定場所:東京都中野区 測定時間:16時29分&38分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE&F-11D 測定アプリ:RBBTODAY 日付:2014/5/27

といった結果となりました。

LTE機と3G機の両方で測定。ですが、通信状態が悪かったのが速度はあまり出ていませんでしたねぇ(汗)

平日の16時台でLTE回線が下り0.05Mbps 上り2.20Mbps。下りが0.05Mbpsってことは50kbpsですからね。これはちょっと速度的には厳しい・・・。Google Playを開いてみましたが画像がなかなか表示されず、ストレスを感じるレベルでした。でも上りが2.20Mbpsってのはこれは何最大250kbps制限じゃないの?(笑)って感じなんですが、この辺は今後も何度か測定してみて確かめてみるしかありませんね。

3G回線の方は下りが0.10Mbps 上り0.39Mbps。こちらは上りの数値は正常値っぽいですがやっぱり下りはこの時間帯ならばもうちょっと速度が欲しいトコロです。

月額504円(税込)という他の追随を許さない低価格は魅力的ですが、ファーストインプレッションとしてはちょっと速度不足・・・という印象。他の時間帯でのスピードテストも今後行っていきますね。

数ある格安SIM(MVNO業者)の中には公衆無線LANサービスが無料で付いてくるモノもあります。
musenlan
とは言っても2014年5月現在では公衆無線LANが無料で付いてくるサービスは2つしかありません!!

BICSIM(by IIJmio)
BIGLOBE LTE/3G

の2つのサービスです。
一覧というにはまだまだ寂しすぎるラインナップですね。。

BICSIMに付いては私も契約しているので、当ブログでも何度が紹介してきました。
今日も記事を挙げましたが、一番安いプランを含めた全てのプランにWi2 300の利用権が特典として無料で付いてきます。

もう一つのBIGLOBE LTE/3Gですが、コチラも全てのプランで公衆無線LANサービスが無料で付いてきます。公式サイトでは明言していませんが、エリア等を見てみても実際はWi2 300のサービスのようですね。

つまりBICSIMもBIGLOEBもおまけとして付いてくる公衆無線LANサービスは一緒ということ。

ネット上の評判を見る限りでは回線の安定度やクーポンを持ち越せるという点でBICSIMに軍配が上がるような印象ですが、BIGLOBEは自宅のプロバイダが同社の場合だと全てのプランで月額200円引きのキャンペーンを行っています。月額972円(税込)のプランが月額756円(税込)になるので、これはプロバイダ契約者にとってはかなり魅力的でしょうね。

今後はMVNO業界もさらに競争が激化していくと思われますので、デフォで公衆無線LANが付いてくるサービスも増えてくるかもしれません。利用者にとっては公衆無線LANが当たり前に付いてくるような状況になって欲しいものですねぇ。

ちなみにBIGLOBE LTE/3Gは近々契約する予定です。

↑このページのトップヘ