格安スマホキャンペーン速報

MVNO各社のキャンペーン情報のまとめ等。新規やMNP(乗り換え)時の参考にぜひ☆

この前新たに契約した楽天ブロードバンドLTEの今朝の通勤時間帯と昼休みの時間帯の速度測定を実地してみました。

楽天ブロードバンドLTE5月21日(水)の平日朝のスピードテスト結果
【LTE(Xi)回線】
下り:2.54Mbps
上り:10.20Mbps

Screenshot_2014-05-21-08-01-31 rakuten lte
【3G回線】
下り:3.13Mbps
上り:0.14Mbps

Screenshot_2014-05-21-08-14-26 rakuten3g
(測定場所:東京都中野区  測定時間:8時1分&14分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE&F-11D  測定アプリ:RBBTODAY 日付:2014/5/21

楽天ブロードバンドLTE5月21日(水)の平日昼休みのスピードテスト結果
【LTE(Xi)回線 12時20分に計測】
下り:0.21Mbps
上り:0.71Mbps

【LTE(Xi)回線 13時11分に計測】
下り:2.90Mbps
上り:0.67Mbps
Screenshot_2014-05-21-13-13-21
Screenshot_2014-05-21-13-11-55
【3G回線 12時27分に計測】
下り:0.81Mbps
上り:0.40Mbps

Screenshot_2014-05-21-12-27-41
(測定場所:東京都中野区  測定時間:12時20分&27分 13時11分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE&F-11D  測定アプリ:RBBTODAY 日付:2014/5/21

といった数値です。

まず朝の時間帯ですが、特に詰まることもなく他SIMと同様問題ない速度でしたね。やっぱり楽天のLTE回線は上りが早い
計測時間がちょっとずれたのでアレですが、3G回線の方が下りの速度は早いんですよね。まぁpingが遅いんでこの程度の差であればLTEの方が早い体感だと思いますけど。

次に昼の時間帯なんですが、こっちはちょっと分かりづらくてすみません。
最初にLTE回線のスピードテストを12時20分に行ったのですが、この時のキャプチャを撮り忘れてしまいまして・・・。なので代わりにに計測履歴のキャプチャを載せています。

んで、キャプチャを撮り忘れたので再度スピードテストを行ったのですが、どうも計測エラーになってしまうんですよ。他の回線は大丈夫だったのでアプリの問題ではなさそう。時間帯的には12時30分過ぎ。

おそらくこの時間帯は最混雑時間帯なのでテスト出来るほどの速度が出ていなかったのだと思います。GooglePlayも表示できませんでしたし、12時20分の速度も下り0.2Mbpsとカツカツな状態でしたので。その後も5分おきくらいに試してみましたがどうも駄目。

諦めてちょっと時間を置いて13時11分に再度計測してみたら下り2.90Mbps上り0.67Mbpsと特に問題ない数値が出ました!ネット上の評判でも楽天LTEは昼時間帯に弱い的な書き込みをちらほら見かけましたので、現時点では12時30分~13時の時間帯は厳しそうですねぇ。でも3Gは12時27分時点で意外と速度が出ていたのでいけるかもしれない。

初期費用無料キャンペーンを大々的にやっていたので、会員数の増加に設備増強がちょっと追い付いていない時期なのかもしれません。最混雑時間帯でも0.2Mbpsくらい出てくれると許容範囲なんですけどね。

また定期的にスピードテストは行っていきたいと思います。

OCNモバイルONEでも本日は平日朝の通勤時間帯にスピードテストを行ってみました。

OCNモバイルONEの5月21日(水)のスピードテスト結果
【LTE(Xi)回線】
下り:6.46Mbps
上り:5.37Mbps

Screenshot_2014-05-21-08-11-50 ocnlte
【3G回線】
下り:3.43Mbps
上り:0.40Mbps

Screenshot_2014-05-21-08-07-55 ocn3g
(測定場所:東京都中野区  測定時間:8時7分&11分 測定機種:Nexus7 ME571-LTE&F-11D  測定アプリ:RBBTODAY 日付:2014/5/21

といった結果になりました。

LTE回線は上りも下りもいい感じで速度が出ていますね。3Gも通常運転な感じ。
こちらもBICSIMと同じく特に通勤時間帯だからといって回線が混雑している印象はないですね。

また、今回からOCNのスピードテスト結果に3G回線の数値も加えています。
測定器はdocomoのF-11Dという3G専用の機種。

MVNOの利用者は3G回線専用の端末を使っている人も結構いると思われますので、今後はLTEと3Gの両方のスピードテスト結果を掲載していきます!

いつもは平日昼の混雑時間帯でのスピードテストを行っていましたが、本日は朝の通勤時間帯にて測定を行ってみました!

BICSIM(IIJmio)の5月21日(水)のスピードテスト結果
【クーポンON】
下り:3.61Mbps
上り:0.41Mbps

Screenshot_2014-05-21-08-03-03 bicon
【クーポンOFF】
下り:0.37Mbps
上り:0.08Mbps

Screenshot_2014-05-21-08-04-44 bicoff
(測定場所:東京中野区  測定時間:8時3分&4分 測定機種:SO-03D【3G回線】 測定アプリ:RBBTODAY  日付:2014/5/21

といった数値となりました。

朝の通勤時間帯はお昼休みの時間帯に続いて混雑する時間帯と思っていたのですが、意外と詰まっていませんでしたね。

クーポンONだと3Mbps以上出ていますし、クーポンOFFでも0.37Mbps(370kbps)出ていますので、混雑しているという印象はあまりありません。

電車やバスの中での時間潰しにスマホいじりは定番ですが、意外と回線を圧迫するほど利用はされていないのかな?オフラインでゲームとかやっているのかもしれないし。

またちょっと日を開けて朝の時間帯でも測定してみたいと思います!

今日はBICSIMのクーポンをOFFにした状態(最大200kbps制限)でradikoを聞きながら通勤してみました。
radikojp
radiko(ラジコ)はスマホやPCで簡単にラジオが聞けちゃうひじょーに便利なサイト。

通常のラジオ電波だと地下や室内等の電波が悪いとことだとノイズが入ってクリアに聞こえないですからねぇ。

radikoならばネット回線がつながるとことであればクリアに聴こえるので、エリアの広いdocomoの回線を利用したMVNOとは相性が良いかと思います。

んで、『BICSIMのクーポンOFF状態でrajikoは聴けるのか?』ということですが、

最大200kbps制限でも問題なくクリアにrajikoを聴くことが出来ました!!

まぁ前回らじる★らじるでもちゃんと聴けたよ~、という記事を書いたのでradikoでも問題ないとは予想していましたが。

でも一日中radikoを聞き続けるような使い方だとBICSIM(IIJmio)のプランではちょっと辛いと思います。

クーポンOFFの状態で3日で366MB使うとさらなる速度制限をくらっちゃいますからねぇ。この前らじる★らじるを5時間半くらい聴いた日の1日の使用容量が134MBだったのでそのぐらいのレベルで使うとアウトです。

なので一日中格安SIMでラジオを聴きたい人はOCNモバイルONEの方がオススメです。

OCNは50MB/日・80MB/日・7GB/月の3プランは現状だと3日制限はないですからね。(1GB/月と2GB/月は3日366MB制限あり)

MVNOのプランはちょくちょく変わるので今後どうなるかはわからないですが。

低速状態でもradikoが快適に聴けるってのは嬉しい限りです。

MVNO系の格安SIMでよく問題視されるのが、セルスタンバイ問題とアンテナピクト問題。
atena
アンテナピクト問題ってのは通信回線は掴めていてネット接続可能なのに、通話回線を掴めないために画面上のアンテナアイコンが立たず圏外状態に見えてしまう現象。

セルスタンバイ問題ってのは、端末側が通話回線を掴めないせいで常に電波を探す動きをしてしまい、バッテリーが激しく消耗してしまうという現象です。

これらの問題を改善するためにMVNO側はSMS機能付きのSIMを提供しているってワケですね。

私が使用しているBICSIMは通常プランの料金に加えて月額151.2円でSMS機能を追加出来ます。

現在SO-03DでBICSIMを運用していますが、ちょっと前まではEMOBILEのLTESIMを使っていました。
その時はアンテナピクト問題は発生していなかったのですが、セルスタンバイは発生していたような感じ。(IIJの中の人のブログでもそんなことが言われていました)

だからSM機能付きのSIMに変更したことで『セルスタンバイ問題が改善し、バッテリーが持つようになるぞ~~~!!』と期待を込めていたんですよ。

ですが正直バッテリーの持ちがすごく良くなった!!なんていう体感はありませんねぇ(汗)

バッテリー使用項目の割合を見てみても、
Screenshot_2014-05-20-16-25-44
セルスタンバイの項目が『11%』となっています。

他のブログさんとかを見てみるとセルスタンバイ問題が起きてる機種は80~90%くらいになるらしいので、SO-03DではSMS機能付きSIMを使うことでセルスタンバイ問題は解消されたと見てよいでしょう

ですが上記したように、バッテリーの持ちが良くなった体感はないので、なんか複雑な気分ですねぇ(笑)

SO-03Dの場合はセルスタンバイ問題が起こっていても、そもそも対してバッテリーを消耗していなかったのかもしれません。

まぁ月額151円の追加で安心を買えたと思えばよいかな。

↑このページのトップヘ