格安スマホキャンペーン速報

MVNO各社のキャンペーン情報のまとめ等。新規やMNP(乗り換え)時の参考にぜひ☆

さて、本日もBICSIMの通信速度を計測してみました。
時間帯は昨日と大体同じ。

BICSIMの5月17日のスピードテスト結果
【クーポンON】
下り:2.30Mbps
上り:0.37Mbps

Screenshot_2014-05-17-12-34-31
【クーポンOFF】
下り:0.25Mbps
上り:0.26Mbps

Screenshot_2014-05-17-12-31-01
(測定場所:東京23区内マンション1F室内  測定時間:12時半前後 測定機種:SO-03D【3G回線】)

上記のような結果となりました。

土曜日だからなのか昨日と同じ時間帯にもかかわらず速度は出ていますね。
やはり平日の12~13時に遅くなるのはサラリーマンの昼休みヒマつぶし需要があるからなのでしょう。
測定機種がSO-03Dなので3G回線の速度でしか計測できないので、近々Nexus7で使える本家のIIJmioSIMも契約する予定です。

BIC SIMに引き続きOCNモバイルONEも契約したのでコチラもレビューを。
IMG_0201
MVNO業者の中ではこのOCNモバイルONEとIIJmioが特に人気があるようですね。

OCNの方は電子書籍用に購入したNexus7のLTEモデルで使用していく予定。
IMG_0195
このNexus7のLTEモデルが発売されたことによって格安SIMに興味を持った人も多いはず。
ちなみにNexus7はマイクロSIMに対応。

OCNモバイルONEは先週の金曜日にAmazon経由でパッケージを注文し、翌週月曜日届きました。
本来は初期費用が税込3,240円の設定なのですが、Amazonで注文すると税込1,734円で買えたので大分お得な感じがしましたね。

届いたパッケージの内容はシンプル。
IMG_0202
カードの裏に電話番号、SIMの裏に製造番号が記載されています。
それをOCNの利用申し込みページで打ち込み個人情報やクレカ情報などを登録して祝開通となります。

OCNモバイルONEには5つのコースがありますが私が選んだのは一番安い50MB/日のコース。

月のトータルで1GBや2GBという使い方ではなく、1日50MBまでは高速LTE回線が使えちゃいます!!という内容です。

ちょっと前までは1日30MBだったようですが、今年の4月に50MBに容量アップ
これで月額972円(税込)はコストパフォーマンス的に優秀ですね~。人気があるのも頷けます。

1日の利用が50MBを超えた時は最大200kbpsに制限、翌日またリセットという形です。

さて、無事に回線開通しましたのでどのくらい速度が出ているのかスピードテストしてみますと、

下り:10.21Mbps
上り:1.76Mbps

Screenshot_2014-05-16-15-28-58
(測定場所:東京23区内 ビル3F室内 測定時間:15時28分 測定機種:Nexus7 LTEモデル)

といった結果となりました。
割合空いている時間帯なのかもしれませんが、下りが10Mbps超えと合格点の速度と言えるでしょう。

nexus7の性能も相まってか非常にサクサクとしたブラウジングが可能な印象。

今後は様々な状況下でのスピードテストを試したいですね。混雑時とか200kbps制限時とか。

また、OCNモバイルONEは5/31までの期間限定で3,000円のキャッシュバックキャンペーンを実地しているようですね。

残念ながら50MB/日のプランでは駄目で、80MB/日・2GB/月・7GB/月の3コース限定となりますが、初期費用分が丸々お得になるキャンペーンなのでコースが合う人にはお得かと。
キャンペーンページ>>http://store.ntt.com/p/ocn_mobile_one_cp

SO-03D(3G回線)で使用しているBIC SIM(ビックシム)の通信速度測定をしてみました。

今日はMVNOが最も混雑すると言われている12時~13時の時間帯で計測してみましたが、やっぱりあまり速度は出ていないですねぇ。

スピードテスト結果は以下となります

【クーポンON】
下り:0.49Mbps
上り:0.37Mbps

Screenshot_2014-05-16-12-47-42

【クーポンOFF】
下り:0.12Mbps
上り:0.27Mbps

Screenshot_2014-05-16-12-44-56

上記のような結果になりましたが、クーポンONの高速通信が詰まっている印象ですね。
クーポンOFFも昨日と比べると速度が出ていませんが最大200kbpsなのを考慮すると、まぁ許容範囲かと。

MVNOの真価は混雑している時間帯での最低限の速度確保だと思います。
ネットの評判等を見ると昼休みの時間帯はほとんど通信不可みたいなMVNOもあるみたいなので、BICSIMのIIJ回線はこれでも優秀な方なのでしょう。

最混雑時間帯でも下りで1Mbps程度出てくれると大分ストレスが減ると思うんですけどね。

今回SO-03D用のデータSIMとして契約したBIC SIMをもうちょっと詳しくレビューしていきます!
IMG_0188


まず『BIC SIMはどこで契約出来るの?』ってことですが、私は池袋のビックカメラ店頭でパッケージを購入しました。ビックカメラの実店舗とコジマ等のグループ会社でも販売しているようですね。
ビックカメラのHPでも販売されているので、近所にビックカメラ系の店舗がない場合はWebから申し込むのが楽でしょう。

こういったネット回線の契約は店舗に行って店員さんとお話しながら契約する、みたいなイメージだったんですがBIC SIMは店頭でパッケージ化されているものをレジに持っていくだけ。

初期費用分のパッケージ価格が税込みで3,229円でした。(ポイント10%還元)

なんかちょっと不思議な感じでしたが、SIMが同梱されているパッケージを店頭で買って自宅に帰ってから利用登録をする流れになります。利用登録はIIJmioのHP上で行います。

パッケージの中身はこんな感じ。
IMG_0189
docomoの型紙に貼り付けられたSIMと設定マニュアルが同梱されています。

BIC SIMの無料特典である『wi2 300』の案内も入っていました。
IMG_0204
IIJmioのHPで個人情報やクレジットカードの登録をしたら、SIMをスマホに入れてAPNの設定を行います。

【アクセスポイント設定項目】
APN:iijmio.jp
ユーザー名:mio@iij
パスワード:iij
認証タイプ:PAPまたはCHAP
(個人認証は同梱されてるSMATPASSに記載された電話番号とパスコードで行われます)

設定が終わったらもう普通にネットに繋がる状態になります。

ちなみに私の契約コースは月額972円(税込)のミニマムスタートプラン。
SMS機能を151円(税込)で追加したので月額1,123円(税込)での運用となります。

下り最速150Mbps、上り最速50Mbpsの高速回線を1GB分使えるクーポンが付いているのですが、私の使っているSO-03Dは3G回線専用なので最大限のパフォーマンスはちょっと期待出来ないのが残念。

今日のお昼すぎにスピードテストをしてみましたが、(東京23区内)

クーポンを使った状態で、下りが2.79Mbps上りが0.37Mbpsという速度でした。
Screenshot_2014-05-15-13-33-19
ちなみにクーポンをオフにすると、下りが0.31Mbps、上りが0.25Mbpsという数値。
Screenshot_2014-05-15-13-31-36
まぁ3G回線でこれくらい速度が出れば充分でしょう。

クーポンがオフの場合は公式HPによると最大200kbpsしか速度が出ないはずなのですが、310kbps(0.31Mbps)出ていましたのでこれは驚き。

この辺の低速での底堅さが魅力でIIJmioの回線はMVNO愛用者の中でも人気があるようですね。

クーポン翌月に繰り越せるみたいなので、普段はクーポンをオフにして使い、速度が欲しい時だけクーポンをオンにするという使い方でしばらくは運用していこうと思っています。

機種が3G回線専用なのでLTEの速度を体感出来ないのは残念ですが、期待通りの体感速度は出ているようなので月額の運用コストを考えると今のところの満足度は高いですね。

約5年間使ったイーモバイルのデータ通信プランとも今月でオサラバ・・・。

マックや喫茶店でPC仕事をする等、外仕事では結構な活躍をしてくれました。
IMG_0174
ですが、最近はカフェ等で仕事をする習慣がなくなりルーターを使う頻度は大分減ったんですよね

でも遊ばせておくのはもったいないので、白ロムのスマホにイーモバのLTESIMを入れて使用していました。
使っていたスマホはDocomoのSO-03D。

2012年3月発売の機種ですが、未だに使っている人も多い人気の機種ですね♪

イーモバイルはちょっと珍しい帯域を使っているので、基本的には白ロムのスマホにイーモバのSIMをさしてもネットには繋がりません。

ですが一部の機種なら対応しておりSO-03Dはその一つ。

DocomoのガラケーとイーモバSIMを搭載したSO-03Dの二台持ちで特に不満はなかったのですが、イーモバの契約が2年を迎える時期にきたのでついに解約することに。

その後釜として契約したのが今流行りのMVNOの格安SIM。
Docomoが回線をMVNO業者にレンタルする形で提供されているサービスですね☆

数あるMVNOの中からBIC SIMを選択しました!
IMG_0176
回線はIIJのものなので定評があるし、IIJmioの通常サービスにはないwi2という無線スポットサービスが付いてくるので♪

2014年5月現在、イーモバイルの月額料金は税込で3,991円
一方、BIC SIMはSMS対応のミニマムスタートプランで税込1,123円。

約3,000円弱の節約になるので、これは結構大きいかと

イーモバイルに比べて多少制限は増えますが、今の自分の使い方なら問題ないと思います。

これからこのブログでBIC SIMやその他の格安SIMについて色々書いていく予定。
複数SIMを契約し、スピードテスト結果等もUPしていきます。

MVNOはこの1年くらいでグっとサービスの質が上がり、今後の展開な非常に楽しみなサービス

当ブログもMVNOに興味のある方に常にチェックされるようなブログに育てていきたいと思います。

↑このページのトップヘ